2009年10月29日木曜日

そして気がついた


楽器車(原付ですが)が突然動かなくなってしまった。よりによってライブ当日に!!

動かなくなったバイクを押して汗だくになりながら自宅にたどり着いた時にはすでにサウンドチェックに間に合わない時間。

いの一番にマリコさんに電話するもつながらずメールにて大遅刻の謝罪。

ぼくのバイク、ものすごく荷物が乗るんデス

その日は若林マリコさん(Vo.AGt)とのDUOの日なのでサウンドをカラフルにしとうと思い、使用楽器は
ジャンベ
カホン
コンパクトコンガ
シンバル
ウィンドチャイム
カリンバ
その他の小物を持っていく予定だった。が、代官山(晴れ豆)までの交通手段を『電車』に切り替えると、、、ゼッタイ、、ムリダ、、コシ、、、イカレル、、、!

よりによって今回は当日までリハなし、サウンドチェックの印象で音の方向性をきめていく趣向だったのだ。そのサウンドチェックが僕のミスで無くなったのだから責任は重大。
楽器は結局お店のドラムを借りてブラシや手を使いアコースティックなアプローチをすることに。全神経を研ぎすまし、背水の陣でのぞんだ、、、

マリコさんには多大な心労をおかけしてしまい、自己嫌悪、、、

     イッタイボクハナニシテルンダ

そしてあらためて気がついたこと、もうすでにバイクは僕の音楽の一部であること。予定どうりに楽器を運び、サウンドチェックができていればきっとまったく違うライブになっていただろう。


 僕はもっと自覚しなくてはいけない。じぶんの日々生きているすべてが、音になって現れること、波動となってお客さんに届くこと。 音楽はすべてをさらけだしてしまうもの

0 件のコメント: