2010年12月22日水曜日

沖縄ROMA〜大阪メトロファルス


 cobaさんの広島公演を終えてすぐに新幹線で博多。
 福岡から飛行機で那覇へ。
















 ROMAは村松邦男さん(exシュガーベイブ)安部OHJI(exバービーボーイズ、子供ばんど)のお二人のユニットで、今回は僕(ドラム)が入ってロックなトリオ〜
 沖縄はたぶん27年ぶり!「あぁ、この町並み、知ってる」当時6歳だったけど、沖縄の風土をかすかに記憶している自分におどろく。















 那覇に到着したらすぐにスタジオに移動。なぜかって今回は現地のミュージシャンのサポートが6曲あるのです。
 比嘉けいこ&シュービーズのみなさんと挨拶もそこそこにリハーサル。1、2回さらって終了、ライブハウスに移動してサウンドチェック、そして本番。ひえ〜

 上の写真はサウンドチェック後。やはりドラムは3点がキレイ。村松さん「ラブストーリーは突然に」のCDジャケットみたいになってる(笑)

 軽めのリハーサルだったけど肝心の本番はかなりいい感じ。アンコールが終わった時には23時まわってた〜、みんな帰れたの?
 この日のライブは動画で観れます。
















 写真は羽田でパチリ。
後列左が村松さん、右がOHJIさん、前列左がしゅがあ、右が僕。顔デカ!


 で、

 休むヒマなく翌日はメトロファルス@大阪。今回はスケジュールの都合でめずらしく前ノリ&リハ。
 下の写真はシェケレを振ってシェイプアップ効果を期待する川口さん(笑)
 いい表情ですねぇ!




















 心斎橋JANUSにて本番。ごっついライブになりましたがな〜。
今回もメリィさんの「浜ちゃん」をご本人とツインボーカルをさせて戴きました。う、うれしス。ゲストの瀬戸信行さん(クラリネット)もぶっ飛ばしてましたね〜。

 集中した、とてもいいステージ。アンコール2回。約3時間!















 上写真は本番中の一コマ。ダブルピースはもちろんGUNちゃん(笑)

 観にきてくれるお客さんがいて、バンドがいい演奏をする。
 シンプルだけど大事なこと。
















 いいライブの後は打ち上げもこんな感じになりますがな〜。
 メトロのリズムセクション&ドーター



 こりゃ27日メトロファルス@渋谷O-EASTはどえらいコトになりそうです。

  ド〜ン、ミスイット!

2010年12月20日月曜日

cobaさんと過ごした時間


 アコーディオンのcobaさんと共演するのは若輩者の僕にとってはかなりのプレッシャー。ましてや今回は巨匠とデュオです(汗)
 リハは1回。なぞるだけ〜















 初日は神戸北野ホテルにて。
 ニューアルバムから3曲、そして代表曲がずらり。
  SARA
  eye-royal(フィギュアの高橋選手でもおなじみ)
  泣カナイデ
  Agua-Monegros 等など

 たった二人の演奏なのに重厚なサウンド。なぜかって、もちろん!cobaさんの左手である。
右手はメロディ、ハーモニー。左手でベースとコード。
 cobaさんの手にかかるとアコーディオンだけでも既にオーケストラなのだ!


 ダブルアンコールが起こる程の大盛況のうちにコンサートは終了、着替えた後にホテルサイドのご厚意でディナーをごちそうになる。しかも世界的シェフ、山口浩さん直々のコースである。
 ほっぺた落ちまくり!



















 写真のスイーツはアコーディオンを模した特別メニュー!

 cobaさん「今夜は好きなワインを飲みたいから会計は僕につけて」宣言により、普段なら僕が絶対に口にできないような逸品が開けられていく。ドキドキが止まらない(笑)。
 最高な食事、お酒、そして楽しい語らい。いつの間にか深夜になっていた事にさえ気づかないほどだった〜

 幸せな時間。




 二日目は広島NTTクレドホール。
 「ケンバンナイト」というイベントのトリ。
 共演者はwatary(風味堂)、カズンさん、KANさん等、豪華な顔ぶれ。















 アコーディオンとパーカッションDUOだとステージはシンプル。
 僕はほぼ、カホンとダルブッカのみという軽装(笑)

















 本番直前、夕暮れにうかぶ原爆ドーム。

 cobaさんと共演して一番感じるのは、その表現力の幅広さ。ブワーっていく時のスゴさといったらハンパない!とくに今回はDUOだったので、僕はもう全身全霊で応えるので精一杯だった。。。とてつもないエネルギー!


 これが世界レベルというものなのか。


 昨日に引き続き、満場のスタンディングオベーションにcobaさんはご自分よりも前に僕を導き、お客さまに紹介して下さいました、、ううう。。。
 世界のcobaはやはりスゴい。音楽も、そして人としても。

 この短時間でどれほどのことを吸収させて頂いたのだろうか。僕の音楽人生に与えた影響は計り知れない。


 cobaさん、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

2010年12月2日木曜日

こないだのリハにて



















 大好きな鍵盤奏者ライオン・メリィさん。
 BlogやBBSも好き。
 http://6251.teacup.com/lionmerry/bbs/index/list/

 メリーさん、おとといはi-Phoneのアプリ「百万面相」でメトロファルスのメンバーをヘン顔にしてました(爆)


  ※本人の許可を得て写真を掲載しております。

2010年11月29日月曜日

30年。














 僕が参加させて頂いてるメトロファルスというバンドは今年なんと、結成30周年イヤー。それに合わせて過去の作品が続々と再発。しかもヨタロウさんの尽力によりその全てに特典DVD付き!気合い入ってます。































 そんな中、メトロファルスにアニメ「それでも町は廻っている」の挿入歌のオファーが。作者の石黒さんは根っからのメトロのファンらしく、劇中の女子高生バンドはVln+Bass+Acco+Drというヘンテコな編成、ってメトロじゃん(笑)
録音、そして放送も無事に終わりCDも発売になった(下写真が現品)。同収録のエンディングテーマは作詞サエキけんぞう/作曲バカボン鈴木氏!このCD、かなりの聴きごたえです(どちらも声優さんが歌ってます)。

 
 そして年末12月27日の渋谷O-EAST『おメトロ祭り!!』
 〜キャプテン3部作CD再発記念ライブ〜

 *メトロファルス*
 伊藤 ヨタロウ (Vo)
 光永"GUN"巌 (B,cho)
 ライオン・メリー(Key,cho)
 石坪"Bossi"信也(Dr,cho)
 西村 哲也 (Gt,cho)
 熊谷 太輔 (Perc,cho)

 ゲストも豪華過ぎます。

 バカボン鈴木(Stick)チャバネ (Dr)白井 良明 (Gt)青山 陽一 (Gt)上野 洋子 (Vo)ムトゥ (Vln)オオニシユウスケ(Gt)ジャック達はBANDで!(一色進、GGPキハラ、夏秋文尚、大田 譲)
そしてアニメ「それ町」の紺先輩役の声優、矢澤りえかさん(Vo)
 
 
 ひとつのBANDが積み上げてきた膨大な時間。その場に立ち会える事は本当に光栄なこと。ましてや一緒の舞台に立てるとは、、、なんて幸せなことなんだ。


 メトロファルスを知ってる人も、知らない人も、ぜひ立ち会って下さい。

 スゴいから。
 

2010年11月24日水曜日

宇宙の夕焼け





































 バイクで普段よく走る甲州街道沿いの並木もオータムカラー。
 秋深まる11月。立て続けにあがた森魚さんのライブがあった。


 21日の青梅宿アートフェスは街ぐるみの大きいイベント。
僕らはなんと赤塚不二夫記念館の2階の出窓からライブ。すぐ下は青梅街道が横切っていて絶え間なく車が往来してる中、お客さんは道を挟んで向かい側の空き地から僕らを見上げるというシチュエーション。バスが止まるとステージが全く見えません(!)おまけにメンバーはメトロファルス率6割。何の心配もいりませんね(笑)
 あがた森魚(Vo.Gt)
 光永 巌 (Gt.cho)
 川口 義之(Sax.cho)
 東谷 健司(W.B)
 熊谷 太輔(Perc.cho)
 昼過ぎからぽろぽろと始めた演奏は次第に盛り上がり、御大が4拍子の曲を3拍子で歌いきるというサプライズも乗り越え(一同大爆笑)予定時間を大幅に越えての熱演。終演後のあがたさん「ニューイヤーロックもこのメンバーで出ようか?」って、、、ほんとっすか?!


 23日は西麻布の新世界(元自由劇場の跡地)。レコ発のはずが発売日延期のため、レコ発直前ライブとなってしまった(笑)メンバーは
 あがた森魚(Vo.Gt)
 武川 雅寛 (Vln.Tp.cho)
 長谷川智樹(Key.cho)
 光永 巌 (Gt.cho)
 東谷 健司(W.B)
 熊谷 太輔(Perc.cho)
 ぶったまげた。存在感が違う。なにが起こっても、すべてのことを受け入れてもらえるような、愛ある演奏。愛ある人たち。一人一人が宇宙とでもいおうか。。。この場にいれて幸せだなぁと。感謝っっ。

 毎度の事だがライブが終わってもしばらくの間、あがたさんの声や姿の残像が僕の脳裏に焼き付いてる。ものすごいエネルギィ。


 写真下は本番直前の御大。ギターを持つ姿はさすが、絵になります。

2010年11月10日水曜日

いろいろありまさぁ〜ね



















 11月9日スタパでのスティーブ・エトウさん。ドラム缶1個で語る男(笑)
















 かたや、もうすでにパーカッショニストでも何でも無くなって歌っちゃってるなぁ、オレ。。。しかもメリーさんとダブルで(嬉)

 ここ最近もいろいろあった。近々もいろいろあります。

 あがた森魚さんと久しぶりに。レコーディングには参加してないけどなぜかレコ発ライブには参加します(笑)そういえば最近、あがたさんの映画「あがた森魚ややデラックス」をDVDで観たけど面白かったなぁ〜。常日頃から氏がこだわっている"ドキュメンタリー"の一つの答えだ。オススメです。

 佐瀬寿一さん。「およげ!たいやき君」「いっぽんでもニンジン」「パタパタママ」等で知られる大作曲家。バンドでは佐瀬さんはボーカルとキーボード担当で、ちくわぶと僕がサポートしていますが今月23日は、ゲストに林家たい平さんを迎えてのライブという事で面白いことになりそう。

 アコーディオンのcobaさんとは来月アタマになんとDUOツアーがあります。巨匠とサシです(汗)cobaさんいわく「楽器はカホンだけでもいいよ」とのこと。
 うぅぅぅ気合いだぁ〜〜!!!オレ。。。

 年末、メトロファルスのライブはなんとO-EASTですよ!ゲストはチャバネさん、バカボンさん、白井良明さん、上野洋子さん、青山陽一さん他多数と超豪華!!
 みなさまお誘い合わせの上、ぜひ団体でお越しください、席たくさんご用意してお待ちしております(笑)たのしみぢゃ〜

 ほかにもいろいろありますが、、、もう眠くなったのでまたの機会にご紹介しまぁ〜す

2010年10月30日土曜日

スタートライン




















































  熊谷太輔ソロLIVEにお越しのみなさま、ありがとうございました。お陰さまで満員御礼となり感謝、感激です!
 
 間違いなく僕の音楽人生にとって節目となるライブになりました。

 始まるまではやはり緊張で少しカタくなっていたけど、幕が開がるとそんなことはどうでもよくなってスグに深く入り込んでいけた。昨日のライブは、、、何と言っていいのか。。。
 「一人で表現する事の難しさ」がいつの間にか「自分の思いつくままに、どこへだっていける楽しさ」に変わっていた。「なんだこれ、無限じゃん」って(笑)そのほとんどはお客さんのチカラ。みんなで一緒にステージを創っているんだなぁとひしひし感じた。みんなのパッションがモリモリっと集まって、ライブハウス全体が満ちていくような、幸せな連鎖。どんなハプニングが起こっても平気な感じ。
 僕は一人なんかじゃなかった。

 そして相方、きくちまゆこ(この人も無限)。はじめて彼女のプレイを聴いた時、あぁ出会ってしまったと思ったよ。プレイは的確で丁寧。歌に踊りにボーダーレス。そして勘の良さ。まゆこ、楽しかったね。またやろうね。
 対バンのピートさんユニットも楽しかったぁ。またご一緒できたらいいなぁ〜

 みなさんからもらったエネルギーでまだ心がホクホクしてます。本当にありがとうございました。あ、ホクホクといえばみんなジャガイモ食べてくれたかな?まったくもう、お客さんに泥つきのまま渡すなよな〜(汗笑) 

 ソロライブを経て自分のいろんなモノが見えてきた。

 たぶん、ここがスタートラインだ。
                    
 
 ※上の写真は演奏中です。お辞儀している訳ではありません。
 (撮影:ワタナベ アサミ)

2010年10月15日金曜日

向きあう〜















 一日一日、ソロLIVEの日が近づいている。

 考えることはやはり、自分のこと

 自分は何がしたいのか
 何が好きなのか
 何ができるのか とかとか

 で、それと同じくらい大事に考えてるのがお客さんのこと

 どうやったら楽しんでもらえるだろうか
 僕のどこを面白がってくれるだろうか
 退屈しないかな
 かといって媚びてるような感じにはしたくないし
 などなど


 自分からもお客さんからも、逃げずに、しっかりと向き合いながら準備をしよう

 10月29日のはなし。

 写真はソロLIVEをさせてもらう千歳烏山TUBO。地元の音楽好きが集まるとっても雰囲気のいいお店ですよ。

2010年10月7日木曜日

そろそろ、ソロ



















 怒濤の9月後半をなんとか乗り越えた〜、一段落ですわ。
翼さん、cobaさん、ROMA、中西ミツヲ、ちくわぶ、カランツバターサブレ、メトロファルス、若林マリコさん、それぞれになんとも違う個性、ステキな人たちっ!熊谷太輔が関わる人々が総出演でした。
 全身、音楽でいっぱいに。。。眠れない夜は続いたけど(笑)
たのしかったぁーーー!!みんな好きだぁーーー!!!

 というわけで(笑)音楽への感謝の気持ちをこめて、ソロやります。
 
  10月29日(金)
 千歳烏山TUBO(03-5313-8151)
  オープン19時
  スタート19時45分
 ¥1800+1drink
 
 熊谷太輔(perc)ソロ
  ゲストに、きくちまゆこさん(pf)が2曲ほど加わってくれます。

 対バンはピートさんのユニット
A×Q
  福島”ピート”幹夫(Sax)
  安藤 維(A.Gt) 
  清水 良憲(W.B)
  竹ノ谷 智美(Perc)

 いまの僕がすべて出ると思います。僕が総出演です(笑)
 皆様のお越しをお待ちしております〜


  上写真は、きのう冷蔵庫を開けたらコレが。ヨメ作。

2010年9月24日金曜日

マリコさんとの日々















 いま、若林マリコさんのリハーサルのプレイバックを聴き返してた。うん!すごーくおもしろいね!!こんなサウンドを出してるバンドは世界中でもたぶん、ウチらだけじゃないかな。リハ聴き返してて思わず笑ってしまうほどのアレンジ。
 マリコさんと組んで7年ほど経つのか。その間たくさんの、コトバではとても言い尽くせないほどの経験をさせて頂いた。それは途中から加わったベースの田中啓介からもしかり。

 マリコさんは常に僕を信頼し、受け入れてくれた。どんな提案をしても、どんな生意気な事をいっても、面白がってくれた。いろんな事を企てて遊びましたね〜。
 たなけからはPOPSのアレンジ、構築の仕方、少ない時間でのリハの進め方(笑)彼から受けた影響は枚挙にいとまが無い。
 
 そして、今回発売するCDはなんと、足掛け3年半。その間、メンバー間で何度となくぶつかり、何度となく録り直し、何度となくアレンジを変え、紆余曲折し、遠回りしながらのレコーディングは正直、長かった〜。だけどそれは、計り知れないほど僕の糧になった。いろいろな面で僕を鍛え、育ててくれた。
 そのマリコさんとの7年間の集大成。

 9月30日
 若林マリコ「Flower City」CD発売記念ライブ
 赤坂グラフィティ
 19時半スタート
 チケット:前¥2500/当¥3000
 
 若林マリコ(Vo.Gt)
 田中啓介(Bass.Cho)
 熊谷太輔(Perc.Cho)
 ゲスト
 西村哲也(Gt)
 吉良知彦(Gt)

 ゲストも超〜〜豪華!!!すべて出し切りマス。皆様ぜひお越しください!!
 観なかったらたぶん後悔しますよ〜

 上は考えただけでも酒がすすむ〜の写真デス(笑)

2010年9月22日水曜日

ジョーダンじゃないよ















 寝ようと思ってもアタマはなぜかフル回転。緊張した日が続くと交感神経と副交感神経のスイッチがうまく切り替わらなくなってしまう。ほんと〜に不器用だな、おれ。
 大好きなトランぺッター&ボーカリスト&パフォーマーのジョーダン。彼と一緒にステージに立つといつも度肝をぬかれる。その伸びやかな音色に、歌声に、笑顔に。
 そして彼はまさしく切り替えのできるタイプ。上の写真はリハ中のちょっとした休憩時間に熟睡してしまったの図!!すんげーーーっ、あ、また度肝をぬかれた。

 もちろんすぐさまバロンにカンチョーされて飛び起きてたけど(笑)
 

2010年9月19日日曜日

音速DAYS















 この1〜2年、身震いするほどのめまぐるしい日々が続いている。電光石火の出来事たち。
 いろいろなことが重なるとプレッシャーであまり眠れなくなる、体も頭もクタクタなのに(笑)
 でも、、、大丈夫。いつの間にかウキウキするような日々に変わっている。そんな仲間達に出会えている。本当にありがたいことだ。

 だから、粗くなってはいけない。ひとつひとつ丁寧に。


 写真は家の近所の交差点。さっきなんとなく撮ったらブレた

2010年9月14日火曜日

浅草DAYS



















 











 期間中、たくさんの方々にお越しいただきました。僕にとって今回の公演はなんといってもお客さん。お客さんによって舞台がつくられていく事をひしひしと実感した日々でした。
 初日から楽日までの間にショーがこれほどまでに変貌していくものなのかと毎日が驚きの連続。
 たしかに、稽古や、小屋でのリハ、ゲネがほとんどできなかった事なども含めて準備不足は否めなかったがそれにしてもすごい変貌っぷり。
 お客さんから受け取ったエネルギーで舞台上の僕らが満ち満ちて、それをまた客席に放出する感じ。なんて素敵な連鎖なんだろう。なんて幸せなことなんだろう!
 お客さんあっての僕らなのだ。
 だからこそ僕らはそれに甘えてはいけないし、さらにもっと期待以上のものを創り上げる努力を惜しんじゃいけないと思った。全身全霊で応えたいとおもった。

 お越し頂いたみなさま、本当に本当にありがとうございました。

 あとは、、ちとテレくさい話ではあるが。千秋楽、舞台上で。目の前にいるトンチンカンなバロンの後姿を見ていて、お客さんにまっすぐに向かっていくエンターティナーの背中を見ていてなんだかとーっても嬉しくなった。

 トンチンカンの求心力で世界一周楽団周辺には札付きのアホばかりが揃ってしまった(笑)


 写真左上はフーテン座長。下は衣装のタケちゃんに作ってもらったバナナンドラム!!

2010年9月3日金曜日

浅草ボードビル・アゲイン
























 








 さあいよいよ間近にせまってきました浅草公演!
僕がバロン達の仲間に加わってから二ヶ月ちょっと。まだまだ慣れないところもあるけれどメンバー、スタッフを含めてみんな気のいい人達ばかり。楽しくやってます。

 バロンとジョーダンはさすがに大道芸人。当人達は真剣なのに、ふだんの会話からすでにトンチンカン(失礼)。そして、二人の奏でる音は音楽家のそれではない。楽器が歌ってるんだな〜。たとえ調子っぱずれな音をだしてもかまいま千円、二千円。思わずみんな笑ってしまう。勉強させてもらってます〜。

 もちろん世界一周楽団の面々もごきげんです!いいメンツが集まってるなぁ〜。衣装もプリチーだぼ。

 バロンと世界一周楽団
 「ボードビル・アゲイン」in浅草・東洋館
 9月8日〜13日までやってます。
 前売¥2000/当日¥2500
 親子ペア¥3000
 詳しくはWEBで
 http://www.aroundtheworldorchestra.com/schedule_2010_9.html

 試行錯誤の繰り返しですが面白いものになりそうです。
 みなさまトンチンカンを観に(笑)ぜひお立寄りください。

2010年8月26日木曜日

おすすめカラバタ

8月29日 Sun @浅草橋ブンガジャン
急遽ライブが決まりました!
題名:HIGH BRIDGE49 #0722-11
出演:カランツバターサブレ
   (Vo.Ag吉井功、Piano.Aco藤原マヒト
   Ba.sax福島ピート幹夫、EG藤田厚史、
   Perc.熊谷太輔)/
   青山陽一 The BM's/徳永憲/
   [Opening Act]スポンジみたいだね
時間:開場18:00/開演18:30
料金:前売¥2,500/当日¥3,000(共に1D別)
場所:浅草橋ブンガジャン
問):東京都台東区浅草橋1-13-6浅草橋STビル B1F
   TEL.03-3866-6742
予約:Info@Yoshimba.comまで

2010年8月19日木曜日

もうじき京都ですわ



















  8月22日はイワオの裏庭がなんと京都でライブをやります!あの、引っ越しで忙しい、コシが重いリーダー、光永巌氏がツアーをするんです!これは事件だ(笑)というかイワオの裏庭名義では二度と実現しないんじゃないかな。。。
 というわけで西日本のみなさん、今生の見納めだと思って是非お越しくださいませ。

「イワオの裏庭の関西ツアー2010」
 光永 巌 (Vo.Bass)
 西村 哲也(Gt)
 木村林太郎(Harp)
 熊谷 太輔(Perc.Cho)
 出演を予定していたドラムのBossiさんは欠席となりました。

 場所:京都ネガポジ
 時間:19時スタート
 料金:前¥2000/当¥2300

 僕は、対バンの表現太郎÷Inotch☆Hotspringsさんにも飛び入り参加させて頂きます。楽しみだわさ〜

 写真はかつてサポートしていた、まつきあゆむ君のバンドTシャツにトマトがこぼれて奇跡的にリアル猛獣化したの図 


2010年8月16日月曜日

コシガイタイ























 ドラムやパーカッションは一人ではなかなかカタチにならない。誰かとアンサンブルをしてこそ生きる楽器だし人との交わりが大前提なのだ。そのぶん全体のアンサンブルやアレンジには気を遣うようになった。
 自分の気持ちを相手に伝えるのは大変なことだ。多くは誤解され、場合によってはうるさい事をいうやつだと嫌われることもある。だから誰かに意思を伝えるときはモノの言い方や内容にすごく気を遣う。結果として相手と変な雰囲気になってしまうこともしばしばあり、そのたびにけっこうヘコんだ。

 自分のエゴなんじゃないか
 自問
 自問
 自問。。。自答。

 最近になってやっとメゲなくなってきた。それはいろいろな先輩達をみてきて学んだこと。メンバーとぶつかるのは当然だし健全なことなのだと。要はもっといい音楽に近づくために前向きに取り組んでるだけなのだ。だから大事なところはブレないように、こつこつ地道にやるだけだ。

 ブレないようにまずは腰痛を治そう。


※写真は愛犬マック。犬は腰痛になるんだろうか。

 
 

2010年7月31日土曜日

すてきなライブのお知らせ


8月3日 Tue @赤坂グラフィティ
題名:GRAFFITI 15th Anniversary~
   GOOD TIME MUSIC Vol.45
出演:カランツバターサブレ
   (Vo.Ag吉井功、Piano.Aco藤原マヒト
   Ba.sax福島ピート幹夫、EG藤田厚史、
   Perc.熊谷太輔)/
   花と路地/The Ma'am/Life-Like/
時間:開場18:30/開演19:00
料金:前売¥2,000/当日¥2,300(共に1D別)
場所:赤坂グラフィティ
問):東京都港区赤坂3-21-10赤坂NSビルB1
   Tel03-3586-1970
予約:Info@Yoshimba.comまで

2010年7月24日土曜日

浅草と名曲















 おととい、9月に「バロンと世界一周楽団」でライブをする浅草・東洋館の下見に行きました。
写真はホッピー通りと呼ばれる飲み屋街。雰囲気の良いお店が軒を連ね、客引きもツワものぞろい。
「安いよー」
「サービスするよー」
「おしぼりギンギンに冷えてるよー」
しまいにゃ「うちはテレビ60インチだよー」
















 明くる23日は佐瀬寿一&ちくわぶ&熊谷太輔のライブ。
佐瀬さんは「およげ!たいやきくん」「いっぽんでもにんじん」「ほねほねロック」「ぱたぱたママ」などたくさんのヒットソングを生み出した大作曲家。ご本人も歌とピアノを演奏されて大活躍でした。さすがです。僕やちくわぶはサポートで参加。名曲の数々を演奏やコーラスまでさせていただき、どれも子供の頃から聴いていた曲なので不思議な体験でした。
ありがとうございました!!

2010年7月19日月曜日

サッカーを観た















 突然!ヨタロウさんからサッカー観に行こうという電話。すぐさまカミさんも誘い、サッカーよく知らない夫婦は電車で10分ちょっとの味の素スタジアムへ。

 FC東京 × ヴィッセル神戸

 FC東京は長友、大黒、平山選手、ヴィッセルには大久保選手がいたのであぁ名前はなんとなく知ってるぞ、と少し安心した。
 試合はホームのFC東京が序盤から優位にすすんで開始10分で早くも!先制〜!ゴールの瞬間ってスゴい。鳥肌がたった。サッカーよく知らないのに(笑)
 ケータイで撮った上の写真では伝わりずらいと思うけど、生で観るスポーツはイイ!プロの選手達の身体能力の高さ!鋭さ!キレの良さ!には目を見張るものがある。
 そして。なんといってもサポーター達の応援っぷりがイイ。とくにゴール裏の特等席に集う熱狂的なファン達はキックオフから全開、オールスタンディングでずーっと大合唱。一緒に戦ってるぞ!という気持ちがひしひしと伝わってくるぅ〜、おっと我が家のカミさんも歌ってるぅ〜、歌詞知らないのに〜、サッカーよく知らないのに〜(笑)
 これは、ライブだ。音楽と同じなのだ。時間、お金、いろんな代償を払ってでもお客さんは試合(ライブ)を観に行く。その時その場所で起こるステキな瞬間に立ち会うために。
 ヨタロウさんありがとうございました!あのあと興奮さめやらぬ夫婦はカラオケ行きましたよ(笑)

2010年7月13日火曜日

メトロファルス録音するぅ















 写真はドラムのBossiさんとベースの光永巌さん。
メトロのレコーディングはおもしろい。これほどのメンバーが集まるとただ音を出すだけで"らしく"なる。
 ぼくはタンバリンで参加。ダビングでさらにギロとウィンドチャイムを入れた。ギロの音入れの時のコト。「雰囲気にノったテイク」「リズムにノったテイク」の二つが残ったところでヨタロウさんや澤井さんが選んだのは、、、というか全く迷わずに、雰囲気にノれていたテイクが採用に。さすがですね〜!
 MIXはまだこれからですがとてもいい録音ができました!詳しいことはまだ公表できませんがアニメの劇中曲です。
 いずれまたお知らせしますのでお楽しみに〜

2010年7月4日日曜日

どすこい世界一周



















 今日は隅田川フォークジャンボリーに出演。今なにかと話題の両国で(笑)しかも神社の境内、、、こんな神聖な場所でいいんすか。
 フォークの方々はとにかくマイペース。本番中にすぐそばで演奏者よりも大きい音で練習する。演奏より大きい声で客引きする物販スタッフ。至近距離で二人で会話しているのになぜか5、6m先まで聞こえるような声量で話す。あの、、、みなさん、聞こえてますよ〜!
 そろそろ不安をいだき始めた頃、中川五郎さんから急遽お誘いをうけて共演できたのは楽しかったなぁ。
「ドラムをただ叩くだけでいいから宜しくね!」だって(笑)
さすがです、お客さんに伝えるという事に長いあいだ向き合ってきた重鎮には迷いがありません。全身全霊で見事なパフォーマンス!ごっつぁんです!

もちろんバロン達もどすこ〜い!わっはは〜、おもろいヤツらだ。

2010年7月2日金曜日

なんかつながるぅ


 和風居酒屋で友達と『勝手にしやがれ』by沢田さんをカバーしたいねと話をしてた矢先、なんと尺八バージョンで!その曲が偶然お店のBGMでかかり出す。。。

 夫婦喧嘩をして仲直りした時にたまたま観てたTV(さんま御殿)で「夫や妻のイラっとするところ」というテーマがはじまってしまい、きまりの悪さにふたり苦笑い。

 こないだディアンジェロの「VOODOO」を中古で購入。どうやらほぼ同時期にライオンメリィさん(key)も同じCDを中古で買ったらしい。

 いいなぁと思ってた方々と棚からぼた餅的に共演(cobaさんやバロン楽団、きくちまゆこ、ヨシンバ吉井さん、中川五郎さん、作曲家の佐瀬さん、等など)


 写真はシンクロニシティ(共時性)ではなくデトロイトメタルシティ

2010年6月23日水曜日

cobaという男















この数日が僕にどれほど影響を与えたか

 表現することの、伝えることの
 きびしさ、むずかしさ、奥ぶかさ、 

 そして、 素晴らしさ

 本番までは緊張や不安、プレッシャーで押しつぶされそうになっていたはずなのに、いま振り返ると僕の中にはcobaさんの、音楽や人に対する、厳しくもやさしい、深い波動だけが残った。

2010年6月21日月曜日

ありがとうございました。



















音波少年にお越しの皆様、ありがとうございました!
 あああああああ、濃かったーーーー!!!!!!
写真は、僕と似てるとみんなに言われたダンサーの新宅一平くん。

2010年6月19日土曜日

舞台はエンケイに















 すべてが初めてのコトばかり
 お客さんには、どう観てもらえるのか

 僕は、このプロジェクトのためにゼンリョクを捧げよう。

2010年6月17日木曜日

ひとが出会い















 小野寺さんを中心に、たびたび円陣を組んで決めごと、変更点などを確かめ合うダンサー陣。
 ひと月ちょっと前に結成した座組。ほぼ毎日、稽古をする。
 音楽でいうとこれはBANDともいえる。
 この舞台のために集まった他人が、いつしか仲間となり、、BANDとなる。スゴい、エネルギーが集まってうごめいてる!
 僕の理想はやはり、BANDなんです。


稽古場おお詰め















 稽古が終わるともうヘトヘト、、、。無いアタマを使いすぎると、もう何が何だか〜笑けてくるわさっささのさっ
 今回は珍しく、というか生まれて初めてのいわゆるパーカッショニスト的なセッティング。すさまじく勉強させてもらってマッスー
 

2010年6月14日月曜日

cobaさん「音波少年」






































 稽古場の集中力、高まってルゥ〜


 「音波少年」〜音楽は肉体で魅せるモノ〜

        演出 coba、小野寺修二

 於:青山円形劇場  全席指定¥5500 

6月19日(土) 昼開演14:00
       夜開演19:00
6月20日(日) 昼開演13:00
       夜開演18:00    
 出演
  coba
  小野寺修二
 
 Dancers     Musicians
  小山まさし   原田智弘(Laptop) 
  新宅一平    熊谷太輔(Perc)
  美木マサオ   古川淑恵(V.Cello)
  三橋俊平    山口亮志(Gt)
  足立七瀬
  江頭慶子
  江角由加
  藤田桃子

 お問い合わせ:キョードー東京(03-3498-9999)


 そうですBlogイメチェンしてみました
       

2010年6月10日木曜日

まとめて

















まずこちら一枚目は6/2大阪メトロファルス打ち上げ佳境の一コマ。ヨタさんとガンちゃんの語らい。絵になるふたり。
 僕は思う。このふたりが出会い、バンドを組んだことはとってもファンタスティックな出来事。だからメトロはおもしろい。だから人生オモシロい。
















お次はツバサさん(表記を知りません、すみません)のレコーディングの様子。オレンジのカーディガンがご本人。おどろくほど完成されたSWINGを歌う方でありんすー















上はそのRECで使った楽器。スタジオのタムと自前のカホン、おもちゃなどを使いますたー。で、その後は、ホーンの泉さん(sax)やっさん(tb)を交えてのウチアげげっ
 痛飲〜〜っ
その時くじいた足首がいまだに激痛ぅ〜!

2010年6月5日土曜日

心斎橋メトロ

















 メトロファルスは面白い。グダグダになっても結果、いいライブだったなぁと思えてしまう。だってこんだけ個性的なメンツがあつまりゃ何かが起こるのは必然だス。なんか打ち上げもハッスルしまくりだし〜わっははは〜

 大阪に向かう道中、ディレクターの澤井さんとの男二人ハイエース旅もユカイ。SAでミソカツ&きしめんを食べながら鳩山首相の辞任に「おぉ」と、小沢幹事長の辞任に「お、おぉぉ〜〜」と二人同時に唸ったり(笑)
 澤井さんと話すといつも何かしらのヒントになる。あーそういう見方もあるんだなーって。

 メトロ次回は9月に渋谷O-WESTです。お見逃しなく。