2010年9月24日金曜日

マリコさんとの日々















 いま、若林マリコさんのリハーサルのプレイバックを聴き返してた。うん!すごーくおもしろいね!!こんなサウンドを出してるバンドは世界中でもたぶん、ウチらだけじゃないかな。リハ聴き返してて思わず笑ってしまうほどのアレンジ。
 マリコさんと組んで7年ほど経つのか。その間たくさんの、コトバではとても言い尽くせないほどの経験をさせて頂いた。それは途中から加わったベースの田中啓介からもしかり。

 マリコさんは常に僕を信頼し、受け入れてくれた。どんな提案をしても、どんな生意気な事をいっても、面白がってくれた。いろんな事を企てて遊びましたね〜。
 たなけからはPOPSのアレンジ、構築の仕方、少ない時間でのリハの進め方(笑)彼から受けた影響は枚挙にいとまが無い。
 
 そして、今回発売するCDはなんと、足掛け3年半。その間、メンバー間で何度となくぶつかり、何度となく録り直し、何度となくアレンジを変え、紆余曲折し、遠回りしながらのレコーディングは正直、長かった〜。だけどそれは、計り知れないほど僕の糧になった。いろいろな面で僕を鍛え、育ててくれた。
 そのマリコさんとの7年間の集大成。

 9月30日
 若林マリコ「Flower City」CD発売記念ライブ
 赤坂グラフィティ
 19時半スタート
 チケット:前¥2500/当¥3000
 
 若林マリコ(Vo.Gt)
 田中啓介(Bass.Cho)
 熊谷太輔(Perc.Cho)
 ゲスト
 西村哲也(Gt)
 吉良知彦(Gt)

 ゲストも超〜〜豪華!!!すべて出し切りマス。皆様ぜひお越しください!!
 観なかったらたぶん後悔しますよ〜

 上は考えただけでも酒がすすむ〜の写真デス(笑)

2010年9月22日水曜日

ジョーダンじゃないよ















 寝ようと思ってもアタマはなぜかフル回転。緊張した日が続くと交感神経と副交感神経のスイッチがうまく切り替わらなくなってしまう。ほんと〜に不器用だな、おれ。
 大好きなトランぺッター&ボーカリスト&パフォーマーのジョーダン。彼と一緒にステージに立つといつも度肝をぬかれる。その伸びやかな音色に、歌声に、笑顔に。
 そして彼はまさしく切り替えのできるタイプ。上の写真はリハ中のちょっとした休憩時間に熟睡してしまったの図!!すんげーーーっ、あ、また度肝をぬかれた。

 もちろんすぐさまバロンにカンチョーされて飛び起きてたけど(笑)
 

2010年9月19日日曜日

音速DAYS















 この1〜2年、身震いするほどのめまぐるしい日々が続いている。電光石火の出来事たち。
 いろいろなことが重なるとプレッシャーであまり眠れなくなる、体も頭もクタクタなのに(笑)
 でも、、、大丈夫。いつの間にかウキウキするような日々に変わっている。そんな仲間達に出会えている。本当にありがたいことだ。

 だから、粗くなってはいけない。ひとつひとつ丁寧に。


 写真は家の近所の交差点。さっきなんとなく撮ったらブレた

2010年9月14日火曜日

浅草DAYS



















 











 期間中、たくさんの方々にお越しいただきました。僕にとって今回の公演はなんといってもお客さん。お客さんによって舞台がつくられていく事をひしひしと実感した日々でした。
 初日から楽日までの間にショーがこれほどまでに変貌していくものなのかと毎日が驚きの連続。
 たしかに、稽古や、小屋でのリハ、ゲネがほとんどできなかった事なども含めて準備不足は否めなかったがそれにしてもすごい変貌っぷり。
 お客さんから受け取ったエネルギーで舞台上の僕らが満ち満ちて、それをまた客席に放出する感じ。なんて素敵な連鎖なんだろう。なんて幸せなことなんだろう!
 お客さんあっての僕らなのだ。
 だからこそ僕らはそれに甘えてはいけないし、さらにもっと期待以上のものを創り上げる努力を惜しんじゃいけないと思った。全身全霊で応えたいとおもった。

 お越し頂いたみなさま、本当に本当にありがとうございました。

 あとは、、ちとテレくさい話ではあるが。千秋楽、舞台上で。目の前にいるトンチンカンなバロンの後姿を見ていて、お客さんにまっすぐに向かっていくエンターティナーの背中を見ていてなんだかとーっても嬉しくなった。

 トンチンカンの求心力で世界一周楽団周辺には札付きのアホばかりが揃ってしまった(笑)


 写真左上はフーテン座長。下は衣装のタケちゃんに作ってもらったバナナンドラム!!

2010年9月3日金曜日

浅草ボードビル・アゲイン
























 








 さあいよいよ間近にせまってきました浅草公演!
僕がバロン達の仲間に加わってから二ヶ月ちょっと。まだまだ慣れないところもあるけれどメンバー、スタッフを含めてみんな気のいい人達ばかり。楽しくやってます。

 バロンとジョーダンはさすがに大道芸人。当人達は真剣なのに、ふだんの会話からすでにトンチンカン(失礼)。そして、二人の奏でる音は音楽家のそれではない。楽器が歌ってるんだな〜。たとえ調子っぱずれな音をだしてもかまいま千円、二千円。思わずみんな笑ってしまう。勉強させてもらってます〜。

 もちろん世界一周楽団の面々もごきげんです!いいメンツが集まってるなぁ〜。衣装もプリチーだぼ。

 バロンと世界一周楽団
 「ボードビル・アゲイン」in浅草・東洋館
 9月8日〜13日までやってます。
 前売¥2000/当日¥2500
 親子ペア¥3000
 詳しくはWEBで
 http://www.aroundtheworldorchestra.com/schedule_2010_9.html

 試行錯誤の繰り返しですが面白いものになりそうです。
 みなさまトンチンカンを観に(笑)ぜひお立寄りください。