2010年12月20日月曜日

cobaさんと過ごした時間


 アコーディオンのcobaさんと共演するのは若輩者の僕にとってはかなりのプレッシャー。ましてや今回は巨匠とデュオです(汗)
 リハは1回。なぞるだけ〜















 初日は神戸北野ホテルにて。
 ニューアルバムから3曲、そして代表曲がずらり。
  SARA
  eye-royal(フィギュアの高橋選手でもおなじみ)
  泣カナイデ
  Agua-Monegros 等など

 たった二人の演奏なのに重厚なサウンド。なぜかって、もちろん!cobaさんの左手である。
右手はメロディ、ハーモニー。左手でベースとコード。
 cobaさんの手にかかるとアコーディオンだけでも既にオーケストラなのだ!


 ダブルアンコールが起こる程の大盛況のうちにコンサートは終了、着替えた後にホテルサイドのご厚意でディナーをごちそうになる。しかも世界的シェフ、山口浩さん直々のコースである。
 ほっぺた落ちまくり!



















 写真のスイーツはアコーディオンを模した特別メニュー!

 cobaさん「今夜は好きなワインを飲みたいから会計は僕につけて」宣言により、普段なら僕が絶対に口にできないような逸品が開けられていく。ドキドキが止まらない(笑)。
 最高な食事、お酒、そして楽しい語らい。いつの間にか深夜になっていた事にさえ気づかないほどだった〜

 幸せな時間。




 二日目は広島NTTクレドホール。
 「ケンバンナイト」というイベントのトリ。
 共演者はwatary(風味堂)、カズンさん、KANさん等、豪華な顔ぶれ。















 アコーディオンとパーカッションDUOだとステージはシンプル。
 僕はほぼ、カホンとダルブッカのみという軽装(笑)

















 本番直前、夕暮れにうかぶ原爆ドーム。

 cobaさんと共演して一番感じるのは、その表現力の幅広さ。ブワーっていく時のスゴさといったらハンパない!とくに今回はDUOだったので、僕はもう全身全霊で応えるので精一杯だった。。。とてつもないエネルギー!


 これが世界レベルというものなのか。


 昨日に引き続き、満場のスタンディングオベーションにcobaさんはご自分よりも前に僕を導き、お客さまに紹介して下さいました、、ううう。。。
 世界のcobaはやはりスゴい。音楽も、そして人としても。

 この短時間でどれほどのことを吸収させて頂いたのだろうか。僕の音楽人生に与えた影響は計り知れない。


 cobaさん、関係者のみなさま、本当にありがとうございました。

0 件のコメント: