2011年4月9日土曜日

なんなんだ


気がつくと原発の事を考えてしまう。
当然か。

原発事故当初からの東京電力上層部の対処と姿勢。
管総理、枝野長官を含めた政府の対応、判断。
東電をスポンサーにしているほぼ全てのTV局、新聞各社による報道の偏り。
そして放射性物質を拡散してしまった国の国民として当事者意識のない、大多数をしめる一般の人々。
なんなんだ、この国は。

信じられない声を聞く。
「今回の教訓を生かしてすぐに新しい原発をつくればいいんだ」
「今までだって原発の発電力のおかげで生活できたのに、反原発なんて狂ってるよ」

もうすでに我が国は世界中から、放射性物質をまき散らしていると白い目で見られはじめたのに。

人、動物、作物、草、森、川、魚、海、大気、、、全てを放射性物質で汚してしまった。
今回の原発事故の終息には少なくても10〜30年単位の時間がかかるだろう。

ごめんなさい

僕は震災前からどちらかと言えば反原発だったが、デモに参加するでもなく、とくに日常で話題にするでもない立ち位置。結果として加担していた事とさほど変わらない。
酷く後悔している。

これから心を入れ替えようと決意した。
手遅れだし罪は消えないけどね。

節電して、大量消費&浪費社会から決別すること。
結果的に日本の経済力が少しくらい落ちたっていいじゃない。
こんなに小さい島国で今までが異常だったんだよ。


こんな最中に上関では中電が原発建設を再開するという。
もう一度言う、なんなんだ、この国は!
デモだって、署名だって、何でもするぞ。

自分の子供や孫の代その先まで、キレイな国を残したい。ずっと。


0 件のコメント: